2019年3月7日木曜日、代官山SPACE ODDにてUNIRAP2019が開催された。
オープニングアクトには、ダンスやYouTubeなど幅広く活動しているチーム SOUND P@RK(サウンドパーク)が登場し、その独特な世界観と日本語ラップを使用したショーケースで会場を沸かせた。
 
今年から大会のシステムがグレードアップし、バトル部門に加えショーケース部門も新たに追加され、昨年を超える盛り上がりを見せ、場内は、出場者の友人やヒップホップ好きのヘッズ達、ティーン世代の女性まで幅広い客層で埋め尽くされていた。
終始アットホームな空気が流れ、初めてイベントに訪れる人も参加しやすいところがUNIRAPならではの魅力だ。
 
しかし、その空気もバトルが始まると一触即発の緊張感に一変。
MCはラッパーのKEN THE 390とアイドルユニットSUPER☆GiRLSの渡邊幸愛を迎え、審査員にはラッパーのサイプレス上野、MC正社員、輪入道、avex managementの丹野雄貴などが名を連ねた。
 
また、ゲストライブには若手の注目株で昨年のフリースタイル部門の覇者「バチスタ」。
熱いリリックで一気に会場のボルテージをMAXにした「輪入道」
 
そして、白熱したバトル、ショーケースが繰り広げられ、会場の熱気は最後まで冷めることが無く混戦の中、バトル部門ではMCぬー、ショーケース部門ではWez Atlasが優勝を手にした。
 
今回のUNIRAPを通して、MC、審査員、ゲスト、優勝者にそれぞれインタビューを行い、イベントを振り返るとともに今後に役立つ貴重なアドバイスを頂くことができた。
 
▼サイプレス上野
Q.UNIRAP全体を通していかがでしたか?
A.決勝に残った人たちはやっぱりレベルが高かったから、若いからチャレンジする場所が限られているのにこうやってUNIRAPにチャレンジしてくることは良いことだと思う。地方のバトルとかだと、ガチガチになってマジで何も言えなくなる子とかいるから!さすが予選を勝ち上がっただけあって、安心して見ていられるなっていうのはありましたね。
 
Q.今回のバトル、ショーケースで活躍したラッパー達が勝つことができた要因は何でしょうか?
A.やっぱりキャラクターがしっかりある人達は印象に残ったかな。特に決勝に残った2人は自分の力を最大限に出せていたようにみえたね。あとはバトルに対して向き合う姿勢。
なんかそこはすごく感じたかな。
 
Q.サイプレス上野さんがライブやパフォーマンスで気を付けていることは何ですか?
A.自分を曲げないこと。仲間や地元の友達、大学の友達を大切にするのは良いんだけど、目の前のお客さんに対して全力で求めてるものを返すことが大事だと思います。アザス!!
 
 
▼MC正社員
Q.UNIRAP全体を通していかがでしたか?
A.1回目から見てるんですけど、今回が1番良かったんじゃないかなぁ。イベント自体のシステムも区切りがちなバトルとライブを1つにまとめることによって、どちらを好きな人も楽しめる。
 
Q.今回のバトル、ショーケースで活躍したラッパー達が勝つことができた要因は何でしょうか?
A.大学をレペゼンしているやつは強いなと思ったし、特に決勝戦に関しては、ぬーくんのキャラクターやオーディエンスや審査員をも巻き込む空気の作り方が上手かった。
 
Q.MC正社員さんがライブやパフォーマンスで気を付けていることは何ですか?
A.と言っても10年くらいライブしてないんですけど(笑)僕が思うにスキルは最低限でいい。それよりもどれだけヤバイかをみせれるかが大事。それからライブをするならバックDJを連れてきた方がより良いものをみせれると思う。
 
▼KEN THE 390
Q.UNIRAP全体を通していかがでしたか?
A.僕色々なイベント見てきてますけど、バトルとショーケースが一緒になっているイベントはあまり無いので、それが新鮮で良かったですね。
 
Q.最近世の中にラップが浸透してきていると思うのですが、始めたてのラッパー達に向けて一言お願いします。
A.今は昔よりラップに夢があると思います。昔はラップでお金持ちにはなれそうにも無かったので(笑)良い時代になったと思います。だからみんな、目指すなら真剣に目指してほしいと思います!
 
Q.若いうちにこれだけはやっておけ、ということはありますか?
A.どうでしょうね。でもやっぱりライブはやっただけ上手くなるし、曲は作っただけカッコよくなると僕は思うので、たくさん作った方がいいんじゃないんですか?100本ノックみたいな勢いで(笑)
 
▼渡邊幸愛
Q.UNIRAP全体を通していかがでしたか?
A.昨年もMCとして参加させてもらい、昨年のUNIRAPをキッカケにラップを好きになり、今年もMCを出来ることがとても嬉しいです!今年はバトルだけでなく、曲を聴かせるようなパフォーマンスだったり、色々なラップの良さを出せるイベントだったと思います!
 
Q.出場者の中で目を引いたラッパーはいましたか?またその理由を教えてください。
A.ぬーくんです。ラップをしなさそうな見た目からのギャップとか、何か言われてもさらに正論で返すスタイルが見ててスカッとします!
 
Q.SUPER☆GiRLSでラップを取り入れてる曲はありますか?
A.私は歌ってないんですけど(笑)EXITという曲で、天使と悪魔が言い合う部分にラップが取り入れられているので、是非チェックしてみてください!
 
▼輪入道
Q.UNIRAP全体を通していかがでしたか?
A.…レベル高かったっすね(笑)実は僕こういうイベントで審査したこととかほとんどなくて、結構初めて尽くしだったんですけど、フレッシュなパワーをたくさん貰えてめちゃめちゃ良い感じでしたね。
 
Q.今回のバトル、ショーケースで活躍したラッパー達が勝つことができた要因は何でしょうか?
A.やっぱりみんな自分の大学を愛しているのが伝わってきたんですけど、その中でも勝ち上がったラッパー達は、アウトプットするのが上手かったっすね。お客さんを巻き込む力があるのも良いことかな~と。
 
Q.輪入道さんがライブやパフォーマンスで気を付けていることは何ですか?
A.子供が見ていることを意識するようになりましたね、ははは(笑)テレビ等に出演させて頂く機会が多くなった今、前と違ってそこは意識するようになりましたね。あとは「あいさつ」!!
 
▼MCぬー
Q.UNIRAPを終えての感想をお願いします。
A.毎回UNIRAPで優勝してやろうと思いながら、第1回ベスト4で第2回準優勝で登ってきてる感じはしてたのですが、後一歩届かずだったので今回は優勝できて嬉しいです。
 
Q.今回出場して自分自身の良かった点、反省点を教えてください。
A.まず良かった点が、相手に影響されずに自分のスタイルを貫けたことです。反省点は、本気でラップをしている人たちに比べて自分がラップに割いている時間が少ないと感じたので、努力しないといけないな~と。
 
Q.今後ラッパーとしての活動の予定は?
A.今まではフリースタイルが楽しくてやっていたけど、作品を残したいという思いが出てきたので、2019年は作品作りに挑戦したいです。
 
■MCぬーTwitter
https://twitter.com/mc_nuu
 
▼Wez Atlas
Q.UNIRAPを終えての感想をお願いします。
A.いや~もう、めちゃめちゃ楽しかったです!みんなの声援がパワーに変わって優勝することができました。
 
Q.今回出場して自分自身の良かった点、反省点を教えてください。
A.あの、一曲目はオリジナル曲だったんですけど、歌詞結構間違えて(笑)誤魔化しながらやってましたね(笑)良かったところは二曲目で会場全体を盛り上げることができて、そこが良かったと思います。
 
Q.今後ラッパーとしての活動の予定は?
A.そうですね。今はsound cloudとかspotifyに少し音源アップしているんですけど、今年ちょっとドンと。出すので。動画とかも色々、今制作中なので楽しみにしていてください!
 
■Wez Atlas Sound Cloud
https://soundcloud.com/wezatlas/idk
 
 
インタビューを通して気が付いたことは第3回を迎えた「UNIRAP」が、新たなコンテンツとして確立しようとしていることだ。
回を重ねるごとに盛り上がっていくUNIRAP。
次回はどんな進化を遂げ開催されるのか、今後もこの大学生達の熱気に溢れるイベントから目が離せない。
 
UNIRAP OFFICIAL SITE
https://unirap.amebaownd.com/
 
UNIRAP Twitter
https://twitter.com/unirap_exco
 
Interviewer SOUND P@RK https://www.youtube.com/channel/UC9TG5P519LM_8Q6SmHi5aPA
 
 
主催:学生団体UNIRAP実行委員会
運営協力:avex management/Amaduction
協賛:mysta
協力:DREAM BOY/戦極MC BATTLE/AWA
 
学生運営チーム:杉崎佳江/新見知子/鈴木瑠奈/持田夏希/後藤恭子/吉田陽美/堤友梨/福岡夢乃/大和田有紗/山内直樹/横森萌々太/稲葉千博/太田宏貴/篠木太一/中井陽一朗/河西一星/野内優介