“カタヤブリな浪花のロックンガール”としてLIVEを中心に活動中の大阪☆春夏秋冬が、2月11日(月・祝)にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて昼と夜の2回公演のワンマンライブを開催した。

1月6日(日)に2019年初ライブをTSUTAYA O-EASTにて行った際に、今年のグループスローガンとして“六猛進”(6人でROCK、猛進の意)を掲げた彼女達から、そのスローガン通りのまさにロックな発表が行われた。

昼公演のMC中に、2019年よりサウンドプロデューサーとして、FULLSCRATCH、the HIATUS、RADIOTSのギタリストで、LUNA SEAのJサポートもしているmasasucksが大阪☆春夏秋冬チームに入ったことを発表し、新体制1作目となる新曲「その手(仮)」を披露した。
新曲にも関わらず、心を揺さぶるサウンドとメロディに会場が一体となり興奮に包まれた。

「その手(仮)」はタイトルや歌詞含めてまだ未完成であるため“(仮)”が付いた状態であり、
MAINAは「この曲は(ライブを通して)皆で育て作り上げていきたいのでまだ未完成なんです」、
MANAは「この瞬間からみんなで作っていきたい」と楽曲に込めた想いを語った。
さらに、「その手(仮)」は大阪☆春夏秋冬のメンバーが作詞に初めて参加し、振付はMAINAが行ったとのこと。メンバーにとってもファンにとっても大切な1曲が誕生した、一生忘れられない瞬間となった。

MAINAは「2019年に入ってからロックバンドの方々と関わる機会が多くなり、レコーディングなども曲や歌詞を皆で一緒に作っていく感じが自分達もロックに触れていってるんじゃないかなと。ロックという言葉を使うのはまだ恐れ多い気持ちもありますが、2019年はもっとロックに染まっていきたい」と意気込みを語った。

新曲「その手(仮)」以外にも、昼と夜の2回公演で「Let you fly」「New Me」「世界には僕らだけ」などの人気曲はもちろん、JUN SKY WALKER(S)の「すてきな夜空」など、彼女達らしいロック色全開の攻めたパフォーマンス、圧巻のダンススキル、リードヴォーカルMAINAの歌唱力、そして、彼女達が伝える全力のロック魂に会場は大いに沸いた。
また、ライブパフォーマンスだけでなく、MC中は大阪出身の彼女達ならではの軽快なトークで客席は笑い声が絶えない。
集まった観客を一瞬たりとも飽きさせない彼女達の魅力が詰まったワンマンライブとなった。

2019年の大阪☆春夏秋冬の快進撃が楽しみだ。

<CD情報>
●メジャー1stフルアルバム「SSFW」発売中

<LIVE情報>
●ワンマンライブ
・2019年4月27日(土) 会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

●イベント出演
・「IDORISE!! FESTIVAL 2019-DAY-」
2019年3月9日(土) 会場:TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、duo MUSIC EXCHANGE (※会場連動)
・「max live 2019 supported by DAVID LAYER」
2019年3月28日(木) 会場:@滋賀U★STONE

■大阪☆春夏秋冬オフィシャルHP:http://syukasyun.com
■大阪☆春夏秋冬オフィシャルTwitter:https://twitter.com/syukasyun